九観どっとねっと

TOP > おすすめ旅行プラン > 東九州道で行く九州東海岸縦断の旅 2泊3日

おススメ旅行プラン

玄界灘 いか料理と伊万里焼の旅 - 佐賀県有数の観光地を巡りながら、玄界灘で捕れた新鮮な呼子のイカを楽しむ佐賀県をのんびりと満喫できるコースです。佐賀の歴史と美味しい料理、美肌温泉と全てに満足できること間違いなし!

1日目

スタート

小倉駅・北九州空港

10:00

11:20

バスで80分
スポット02

うさじんぐう宇佐神宮

宇佐神宮

全国八幡社の総本山宇佐八幡宮八幡さまは古くより多くの人々に親しまれ、お祀りされてきました。
全国約11万の神社のうち、八幡さまが最も多く、4万600社あまりのお社(やしろ)があります。
宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮です。

大分県宇佐市大字南宇佐2859
0978-37-0001

12:00

12:15

バスで15分
スポット03

ぶんごたかだ しょうわのまち豊後高田 昭和の町

豊後高田 昭和の町

どこか懐かしい昭和の町大分県豊後高田市にある昭和30年代の町並みを再現した地区である。豊後高田市中心部の商店街は、昭和40年代までは国東半島で最も栄えた商店街であったが、その後、大型店の郊外への出店や過疎化のために衰退し、近年では、「犬と猫しか通らない」と言われるほど寂れた状態となっていた。
「昭和の町」は、この商店街に賑わいを取り戻すために2001年(平成13年)に始められた町おこしで、衰退のために建て替えが進まず、昭和30年代以前の古い建物が約7割も残っていることを逆手にとって、中心商店街に昭和30年代の町並みを再現したものである。

大分県豊後高田市新町989-1
0978-23-1860

14:00

15:00

バスで60分
スポット04

べっぷ じごくめぐり別府 地獄めぐり

別府 地獄めぐり

海地獄をはじめ、8つの地獄があります。大分県別府市の別府温泉に多数存在する様々な奇観を呈する自然湧出の源泉「地獄」を、定期観光バスなどで周遊する定番の観光コースである。また、これらの地獄の総称としても使われる。海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は、2009年(平成21年)7月23日に、別府の地獄として国の名勝に指定されている。

大分県別府市大字鉄輪559番地の1
0977-66-1577

16:00

16:20

バスで20分

ゴール

スポット05

べっぷおんせん別府温泉

別府温泉(べっぷおんせん)は、大分県別府市(旧国豊後国速見郡)の市内各地に数百ある温泉の総称。別府八湯(べっぷはっとう)、別府温泉郷(べっぷおんせんごう)とも呼ばれる。温泉都市として知られる別府は、源泉数、湧出量ともに日本一。
別府温泉はまた、広義の別府温泉(別府八湯)を構成する温泉のうちの別府市中心部にある温泉街の名称でもある。
泉都とも呼ばれる別府市には、鶴見岳(標高1,375m)とその約4km北にある伽藍岳(別名硫黄山、標高1,045m)の2つの火山の東側に多数の温泉が湧き出ている。また、奇観を呈する自然湧出の源泉を観光名所化した別府地獄めぐりなど観光スポットも充実しており、別府市には毎年800万人を超える観光客が訪れる[2]。豊かな温泉資源は観光や、市民生活だけでなく、古くは明礬の生産から、地熱発電、医療、花き栽培、養魚業、最近では温泉泥美容まで、様々な産業に幅広く利用されている。

おにやまホテル

おにやまホテルおつかれさまでした。
海側は別府湾・別府市街を、山側は扇山鶴見岳を一望する事ができる展望露天風呂などの様々な温泉とお客様へ一番美味しく召し上がっていただけるよう考えた四季折々のお料理でおくつろぎのひとときを。

> 宿泊施設紹介へ

ホテル白菊

ホテル白菊おつかれさまでした。
おもてなしの心を大切にしたこだわりのお料理と、湯量豊かな自家源泉の温泉でごゆっくりおくつろぎください。

> 宿泊施設紹介へ

2日目

スタート

おにやまホテル,ホテル白菊

9:00

9:50

バスで50分
スポット01

うすきせきぶつ臼杵石仏

臼杵石仏

長崎造船所史料館の建物も世界遺産山肌の凝灰岩の岩壁に刻まれた磨崖仏『臼杵石仏』は、石仏造営の時期や事情を証する史料は一切残っていませんが、地元に伝わる伝説「真名野長者伝説(炭焼き小五郎伝説)」によれば、長者が亡くなった娘の菩提を弔うために彫らせたといわれ、仏像の様式などから平安時代後期から鎌倉時代の作と推定されています。
その磨崖仏の規模と、数量において、また彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されました。 石仏の数は、古園石仏、山王山石仏、ホキ石仏第一群、ホキ石仏第二群の4群の60余体にもおよび、このうち59体が国宝となっています。

大分県臼杵市大字深田804-1
0972-65-3300

11:00

12:50

バスで110分
スポット02

ひゅうが うまがせ日向 馬ヶ背

日向 馬ヶ背

柱状節理が生む自然美 馬ケ背宮崎県北部の日豊海岸は南部の日南海岸に勝るとも劣らない景観を誇ります。日南海岸同様、国定公園に指定され、複雑で美しいリアス式海岸が連なります。特に日向岬はその切り立った断崖絶壁がダイナミックな景色を呈します。南北20キロ、高さ30~70メートルの日本最大級の柱状節理が細島の岬を中心にそそり立ちます。1500万年前の2回にわたる火山爆発によるものとされ、形状も様々でそれぞれに「大御神社下の斜柱」「金・銀・小屏風」「坊主が原」「仏の掌」「小松崎の孤立石柱」などの呼び名があります。中でも日向灘の荒波に削り取られた「馬の背」の断崖絶壁は圧巻。奥行き200メートル、幅10メートルの海水路をはさみ、高さ70メートルの柱状節理の絶壁が立つ様は、目もくらむほどです。

宮崎県日向市細島
0982-55-0235

13:50

14:15

バスで85分
スポット03

みやざきじんぐう宮崎神宮

宮崎神宮

神武天皇を祀る宮崎神宮神武天皇を祭神とし、左の相殿に父ウガヤフキアエズノミコト、右の相殿に母タマヨリヒメをおまつりしてあります。 狭野杉で造営された流れ造りの清楚な社殿です。旧官幣大社。
東神苑には樹齢400年以上と推定される「オオシラフジ」(天然記念物)があり、宮崎神宮の大きな森は野鳥たちの楽園となっています。
神宮の森の北端には、県総合博物館、埋蔵文化財センター、県内の古民家を移築保存した民家園があります。

宮崎県宮崎市神宮2-4-1
0985-27-4004

15:15

15:50

バスで35分

ゴール

スポット04

あおしまおんせん青島温泉

宮崎県宮崎市青島地区で湧出している温泉。青島を中心に日向灘沿いに広がる温泉街で、豊富な湯量を誇っている[1]。かつては新婚旅行のメッカとして賑わった青島地区だが、現在でも名勝・青島や秋季・春季のスポーツキャンプ(主に読売ジャイアンツ)などで多くの観光客が訪れる。

青島グランドホテル

青島グランドホテルおつかれさまでした。
宮崎の郷土食を活かした自慢の料理と、眺めの良いオーシャンビューの露天風呂でゆったりと開放感を感じて下さい。

> 宿泊施設紹介へ

3日目

スタート

青島グランドホテル

9:00

9:30

バスで30分
スポット01

うどじんぐう鵜戸神宮

鵜戸神宮

本殿が鵜戸崎岬の洞窟にあり、通常、本殿を見下ろす鵜戸神宮鵜戸神宮(うどじんぐう)は、宮崎県日南市にある神社である。旧社格は官幣大社で、現在神社本庁の別表神社に指定されている。 日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている。 「ウド」は、空(うつ)、洞(うろ)に通じる呼称で、内部が空洞になった場所を意味し、祭神名の「鸕鷀(う)」が鵜を意味するのに因んで、「鵜戸」の字を充てている。古くは「鵜戸権現」とも称されたが、明治元年(1868年)の神仏判然令によって権現号を廃し、翌2年「鵜戸神社」と改称、同7年に神宮号が宣下されて現社名となった。

日南市大字宮浦3232
0987-29-1001

10:40

11:10

バスで30分
スポット02

おび じょうかまちさんさく飫肥 城下町散策

飫肥 城下町散策

南九州の小京都飫肥の中心飫肥城址伊東氏5万1千石の城下町・飫肥は、石垣や武家屋敷など、風情ある町並みが残されています。和風の建物の中に、モダンな洋風建築があるのも魅力。レンタサイクルで町めぐりをしながら、歴史や古くから伝わる郷土料理など、日本の伝統と心にふれることができます。

日南市飫肥
0987-23-1111

12:30

14:10

バスで100分
スポット03

きりしまじんぐう霧島神宮

霧島神宮

坂本龍馬も新婚旅行で訪れた霧島神宮閑寂な老杉の濃い緑に包まれた参道・境内を抜けると、格調高い朱塗りの社殿の荘厳かつ豪華絢爛な姿があらわれます。
建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は、創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 最初は高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に建てられたといいますが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返し、500年以上前に現在の場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。
年間100以上の祭儀が行われ、中でも毎年元旦と2月11日に本殿で奉納される九面太鼓は、勇壮な郷土芸能として県内外から注目を集めています。
この近辺には霧島の七不思議や古宮址などもあります。
(写真提供:鹿児島県観光連盟)

鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
0995-57-0001

15:10

15:55

バスで45分

ゴール

鹿児島空港・鹿児島中央駅

おつかれさまでした

コースマップ

このプランのバスのお見積りはこちら